人気記事

サイト内検索

カテゴリー

最近のレビュー

リンク

なつはぜ広告について

このサイトは投稿者が勝手にレビューしているアフィリエイトサイトです。不定期に更新しています。

NICHIGA グリシン1kg – 某調味料メーカーの睡眠薬の主成分。文句なくお買い得。夏バテもなくなる

これは安くてお買い得だ。明らかに睡眠が深くなった。それにより夏バテが解消された。仮に効果が無くても安価なので損失額は1200円程度。あまったグリシンは甘いので砂糖代わりになるかもしれない(注意:試して調理したことは無い)。とにかく、食品の中に含まれている物質のようだから問題ないと思われる。
 たまたま見たニュース報道で、ワカメを食い荒らす厄介者のウニを商品ベースに乗せるために、廃棄処分になったキャベツのカスをそのウニに与えたら実が大きくなり味も良くなった、成分分析機にかけたらグリシンの含有量が増えた・・と報道していた。グリシンを毎日摂取しても少量なら問題ないだろう。

私は、毎日寝る直前に付属のスプーン一杯程度摂取している。水に溶かさず直接摂取し、口に残ったグリシンは一応口でゆすいで流している。
…それだけだ。それで眠りが深くなり、頭がすっきりする。寝起きの時、子供のころに味わった感覚が再度体験できたのは眠りが深い証拠であり、また嬉しくもあった。
行楽地へ行くために子供を早朝に起こして、ほとんど眠りながら子供に着替えさせたり、車の中では再度子供が眠ってしまう家庭も多かろうが、あの時の子供の感覚をいい年した大人が味わえるのだ。

それでも、私はいつもどおり3時か4時ごろには目が覚めてしまう。しかし、ちょっとうとうとして再度時計を見ると、1時間ぐらい時刻が進んでいる。自分の感覚ではそれは一瞬だ。これも嬉しい。子供の頃と同じだ。今までは、いったん早朝に目が覚めてしまうと、ほとんどその後はほとんど眠れなくなってしまう。
 私の場合、早朝に目が覚めてその後眠れた場合、大概夢を見るが、それがあった場合その日の日中は非常に頭が冴えると言うのを経験で覚えている。早朝の夢を見る浅い睡眠は重要だ。グリシンを飲むようになって早朝夢を多く見るようになった。

親に与える睡眠薬代わりに、以前直接睡眠に関連する物質であるメラトニンを与えていて結局親はそれを拒絶して残ってしまったため、残りを私が摂取したのだがあまり効果が無かった。しかしグリシンはメラトニンより安いうえに明らかな効果がある。

最近では小便の泡が立たなくなった。食ってるものは前から変わってないのに。泡が立っていると言うのは腎臓の病気もしくは糖尿病の疑いと言われているが、それがなくなったと言うのなら消化器の機能も改善されている可能性がある。

やはり深い睡眠は重要だ。睡眠負債という言葉がはやってるが、その言葉がはやる前から浅い眠りのために日中頭が鈍ってしまうため何とかしなくてはならないっと思っていた。