HOME     掲示板     メール     販売  

Links:

最近の投稿

カテゴリー

広告

サイト内検索

外部リンク

アーカイブ

広告

画像検索を利用した単語帳ソフト、ボキャブラ検索 ver1.0リリース

これは、外国語の単語の暗記の助けになるよう作ったソフトで、以前、自分用に一般公開してない自作ソフトを使っていたのですが、それが自分用だからと言うことで安直に作っていたもんですから、拡張しようにも出来にくくなったため、改めて作り直したのがこのソフトです。概要ページにも説明してありますが、イメージ記憶と言うのが個人的には難しく、インターネットにある画像で代用してはどうかと思い、英単語で画像検索したら結構関連した言葉か出てきて、これは面白いと思って作り始めたものです。

とはいえ、実際の効果は、うーん、微妙だなあというところですね。まあ、とにかく暗記物は回数をこなさないと頭に入らない。今のコンピュータの原型を作ったと言われる、フォンノイマンは電話帳の見開きページを数分で丸暗記できたとか聞いたことありますが、そのような能力の持った人には全く無意味なソフトであり、また記憶が苦手な人には最初は面白いと思うソフトかもしれませんが、基本的に勉強なので継続的に使えるかどうかは人それぞれでしょう。

自分なりに試行錯誤して、出来るだけ反復学習の効果が出やすいよう考慮しているのですが、まだ工夫が必要かなと思っています。

このソフトの名称はわかる人にはわかると思いますが、フジテレビで放映していた「ボキャブラ天国」のパクリです(笑)

ソフト自体は一部実装していない部分があります。

具体的には

カテゴリービューの右クリックはVisualStudioのWizardで生成されたものが残っています。これは無効にしてあるので問題がでないのですが、このソフトはVisualStudioのMFC(MicrosoftのC++クラスライブラリ)を利用したWizardで生成された雛形ソフトに肉付けしたソフトであり、これ自体が相当な高機能であり、余計な機能が動いてしまっているので、それを完全にまだ制御していません。

それに関連するのですが、新規作成で作ったドキュメントファイルを一回もセーブしていないと、何分後かにクラッシュします。多分自動セーブ機能が勝手に働いているのが原因だと思われますが。今回のリリースはとにかく、ひと段落つけたいので、その問題は修正しませんでした。

最近のMFCは非常に大きくなっており、ボキャブラ検索の実行ファイルは3MB以上になってしまいました。これはMFCを静的リンクしているからであり、DLLを使うなら360KB程度になります。静的リンクした理由はこのMFCのDLLが一般にはインストールされていないためです。

アーカイブファイルはZIPファイルですが、中身はインストーラのEXEファイル1つです。これはダウンロードしたファイルを強制的に開かせない最近のWebブラウザの機能を回避するためです。
ファイル名:VK100setup.ZIP 1.48 MB (1,556,161 バイト) 2016‎年‎2‎月‎11‎日、‏‎14:01:40
ダウンロードは左側のリンクから行ってください。